妊娠中の便秘改善

特定の時期にだけ引き起こされる便秘もあり、主なものとしては妊娠中の便秘が挙げられます。
妊娠中の便秘の原因としては、胎児の成長や子宮増大による大腸の圧迫、女性ホルモンのプロゲステロンの分泌、つわりでの食事量の減少や味覚の変化、運動不足などが挙げられます。
この妊娠中の便秘改善方法ですが、さまざまなアプローチのしかたがあります。
まず、朝は同じ時間に毎日トイレにいくことが大切です。
起きぬけに水分を補給し、腸の活動スイッチをオンにしてあげると、排便しやすくなります。
また、食事の内容にも注意してあげると妊娠中の便秘改善に効果的です。
動物性脂肪やたんぱく質を摂り過ぎないよう注意するほか、便の素材となり水分量を増加させる水溶性食物繊維を積極的に摂りましょう。
水溶性の食物繊維はこんぶやわかめ、ひじきといった海藻類やこんにゃく、ところてんなどに豊富に含まれています。
また、冷えは腸の蠕動運動を阻害してしまいますので、体を温める対策もおこないたいところです。
シャワーで済ませるだけでなく、温かいお湯にゆっくりと浸かる、そして入浴後のマッサージも冷え対策に効果的です。
そのほか、運動不足によっても妊娠中の便秘というのは起こりますので、体を動かしてもいい状態であるなら運動も取り入れたいところです。
この頃はマタニティ向けのスポーツが充実しており、マタニティフィットネスといってスイミングやストレッチ、ヨガ、エクササイズなどをおこなえる施設が増加してきています。

飲むタイプの薬や、浣腸など、一口に市販薬といってもさまざまな種類があります。
根本的な解決になるわけではありませんが、とにかく便を出してすっきりしたいという場合には効果的といえるでしょう。
ただ、濫用すると自然な排便をおこなうことが難しくなりますので、薬に頼り過ぎるのはいけません。
そのほか、生活習慣の改善や市販薬を使用しているにも関わらず、便秘改善効果が得られないという場合もあるでしょう。
さらに、血便の症状が起こっているということも起こり得ます。
そのような場合には、便秘以外にも病気が隠れている可能性がありますので、医療機関を受診することが大切です。