便秘と病気

便秘の原因は生活習慣によるもののほか、病気によるものもあります。
どういった病気が引き金となって便秘になるのかといいますと、代表的なものとしては大腸がん、腸閉塞症、過敏性腸症候群といったものが挙げられます。
まずは大腸がんから解説しますが、これはがんが悪化することにより大腸が狭窄を起こし、便を排出することが困難になってしまうのが特徴です。
ただ、発症してすぐの頃にはこれといった自覚症状がありません。
病状が悪化することに伴い、お通じが悪くなったり、出たとしても細い便であったり、便に血が混ざるようにもなるのです。
次に腸閉塞症について説明していきます。
これは文字通り腸が閉塞した状態を陥る、もっとわかりやすくいうと腸が詰まってしまう病気のことをいいます。
腸が詰まると内容物が停滞してしまうことになってしまうのが特徴です。
腸閉塞症になると便やガスが内部に蓄積されてしまい、お腹が痛くなったり、膨満感があったり、吐き気や嘔吐してしまったりと、さまざまな症状が引き起こされてしまいます。
なお、腸の詰まりは腸の活動障害のほか腸ねん転、腫瘍といったものが原因が起こります。
そして過敏性腸症候群ですが、これは一体どういうものなのでしょうか。
この問いに対する回答としては、主に精神的なストレスなどが原因で引き起こされるのが特徴です。
発症すると腸の蠕動運動が障害されてしまい、お腹が痛くなるほかお腹を下してしまうといった症状が引き起こされてしまいます。
さらに腹痛と下痢だけでなく、便秘とかわるがわる症状が引き起こされるケースもあります。