乳酸菌で便秘改善

便秘改善のためには、食生活の見直しをしてみてはいかがでしょうか。
健康的な食生活を送っていると、便秘改善や予防に効果的です。
そして、とりわけ積極的に摂取してほしいものがあり、それはなにかというと乳酸菌なのです。
まず、お通じが悪い人というのは、便に含まれる水分が足りていないことが往々にしてあります。
水分を十分に含んでいない便は硬く、踏ん張っても出ない状態になってしまいます。
乳酸菌を十分に摂ることにより、便の水分量が足りなくなることを未然に防ぎ、排便しやすくしてくれるのです。
また、スムーズな排便のためには、便を押し出す力がなくてはいけません。
便を押し出しているのは大腸であり、蠕動運動によるものなのですが、この動きが鈍っているとお通じが悪くなってしまうのです。
乳酸菌をしっかり摂っていると、腸の蠕動運動が盛んになり、便を外へと排泄しようとする動きが活発になり、お通じがよくなることにつながるでしょう。
乳酸菌はヨーグルトやチーズ、キムチ、味噌、ぬか漬け、塩麹といった身近な食品から摂ることが可能ですので、日々の献立に上手く取り入れていくとよいでしょう。
また、乳酸菌と一緒に意欲的に摂りたい栄養成分として、食物繊維を挙げることができます。
食物繊維は便の材料になるだけでなく、乳酸菌が増殖するためのエサとして活躍してくれるのです。
食物繊維が足りている状態だと、乳酸菌との相乗効果によって、便秘改善効果がアップします。
にんにく、納豆、エシャロット、ゆりねなどに豊富に含まれていますので、こちらも普段のメニューに取り入れるとよいでしょう。

善玉菌を増やして便秘対策

食生活が乱れている人というのは、腸内環境が悪くなっている可能性が高いです。
とりわけ、日々の食生活で動物性脂肪やたんぱく質を摂り過ぎている人、食物繊維の摂取量が少ない人は注意が必要でしょう。
このような食生活の乱れがある人の腸内では悪玉菌が増殖しています。
悪玉菌が増殖すると、腸内の最近バランスが崩壊し、悪玉菌優位の状態となるため、お通じが悪くなってしまうのです。
また、悪玉菌優位の腸内環境は便秘だけでなくほかの腸の病気などを引き起こす原因にもなりかねませんので、放置しておくのはよくありません。
こうした腸内環境が悪化した状態を改善し、さらに便秘改善を果たすためには、善玉菌を増殖させる必要があるでしょう。

参考:腸内環境を整える・・・悪玉菌が優勢になった腸内環境を整える方法

善玉菌として該当するのは乳酸菌などであり、積極的に豊富に含まれているものを摂ることにより、善玉菌の増殖につながります。
善玉菌が多くなると悪玉菌は活動することが不可能な状態になり、やがては善玉菌の割合が多い善玉菌優位の腸内環境がつくり上げられます。
また、善玉菌にはエサとなるものもあり、食物繊維、オリゴ糖、乳糖といったものが挙げられます。
これらを豊富に含んでいる食品を摂ることによって、善玉菌増殖を後押ししてあげるとよいでしょう。
なお、食物繊維に関しては、水溶性のものと不溶性のものとがあり、善玉菌のエサとして役立ってくれるのは水溶性食物繊維のほうです。
海藻類や果物類、こんにゃくといった食品に含まれていますので、積極的に日々の献立に取り入れていきたいところです。

便秘予防に効果的な生活習慣

症状が引き起こされてから便秘改善方法を実践するのではなく、未然に防ぎたいという人も多いでしょう。
ここでは、日常生活でおこなえる便秘の予防方法を紹介しますので、参考にして実践してみてはいかがでしょうか。
まず、毎日十分な量の水分補給をおこなうことが大切です。
1.5~2リットルを目安に、こまめな水分補給をおこないましょう。
これを実践することにより便が柔らかくなるほか、起床時や空腹時に冷たい水を一杯飲むことで、腸の蠕動運動が活発化し、排便が促されます。
また、日頃の食事内容にも目を向けることが大切です。
とりわけ、食物繊維が不足している人は便秘になりやすいため、十分な量を毎日摂らなくてはいけません。
けいれん性便秘以外の人はゴボウ、さつまいもといった食品から食物繊維を摂り、けいれん性便秘の人は海藻類やきのこ類、納豆といった食品から食物繊維を摂りましょう。
これにより食物繊維が便の材料となったり、水分を増すことにつながり、排便がしやすくなります。
また、体を動かしていないと腹筋が弱くなり、いきんでも排便するのが困難になりますので、毎日鍛錬することで便秘の予防につなげましょう。
そのほか、便意を感じた場合には、我慢することなく排便する習慣をつけましょう。
とくに朝の便意を我慢してしまうと、それが癖となって便意をもよおしにくくなってしまいますので、朝は余裕を持って起床し、排便してから外出できるようにすることが大切です。